So-net無料ブログ作成
blog_sp.jpg

Wi-fiルーターの選び方はアンテナ数で。 [レビュー]

wifi.png
サイト画像をクリックすると別ウインドウで開きます

wi-fiを使いたいと思ったときに、まず購入するのがwi-fiルーターです。しかし、ルーターを設置するには、どうしてもインターネット回線がある場所の近くになってしまいます。
家の作りが三階建て、もしくは横に三列の部屋(一階建てでも家が二つの壁で三部屋に仕切られている)場合ルーターのある部屋から壁または、床二つ先の部屋だと、電波状況が悪く、最近の高速規格である11G、11ACでも速度が11Bなどとほとんど変わらない状況になる場合があります。
このルーターじゃ使い物にならない…。となる場合があります。自分もそうして買い替えを行いました。ルーターの仕様を見たりすると、2ストリーム、3ストリームで高速通信などと書かれていて、ストリームといった言葉にとらわれがちです。でも良く調べてみると、アンテナの数が多いほど、ルーターの電波は遠くに飛ぶといったことに気付きました。考え方としては、ルーターと同一の部屋ならアンテナ数は、一本、壁ひとつ先の部屋なら二本、壁二つ先の部屋までなら、三本、といった具合に考えるといいようです。また、木造とコンクリートでは若干の違いがあると思いますが、この事に注目して、アンテナ数が三本のものに買い替え、壁二つ先の部屋まで、しっかりと電波が届くようになりました。また、この内容は子機にも当てはまるようで、Wi-fiルーター、子機の買い替えには、アンテナ数は注目するべき項目のようです。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

 
blog_sp.jpg
Copyright © SOHO studio tsawada. All Rights Reserved.